水虫アッサリ治療 自宅で簡単除去

水虫・爪水虫が簡単に改善できます

安全で臭いもなく、お金もほとんどかけることなく改善できます。
しかも即効性があります。

 

再発を防ぐためのケアも面倒くさくなく、
カンタンに行える方法があります。

 

⇒ 水虫・爪水虫 自宅で改善

お酢で水虫が治るの?

水虫というのはお酢と意外な関係性があります。
お酢の抗ハクセン菌作用が学会で発表されました。

 

その報告内容は「十倍、あるいは百倍に希釈した酢や酢酸の中では
水虫の原因となるハクセン菌は育たない。」

 

「ハクセン菌を40℃の酢に二十分間浸すと菌は死滅する。」というものです。

 

お酢は水虫の菌に対して有効的であることが科学的に立証されたということになります。

 

その他にも、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、大腸菌、赤痢菌、チフス菌等、
これらの菌を酢に浸しておけば5〜30分の間には全て死滅すると発表されているのです。

 

また、0-157が死滅するとも発表されています。

 

このように、強力な殺菌効果があるお酢は
方法によっては水虫を治すことができるのです。

 

ちなみに、水虫を治す方法として
アメリカではいち早く『お酢』を使った足湯が考案されています。

 

皮膚がめくれる、皮膚がカサつく、小さな水ぶくれができる等、
現在では症状が目立たない「隠れ水虫」である方
も多くなっているのでチェックしてみて下さい。

 

放置しておくと臭いはもちろん水虫が悪化してしまいます。

 

水虫を治す足湯の方法

用意するもの
  • 両足が入る洗面器など
  • ぬるま湯
  • お酢
  • タオル

 

準備
  • 洗面器などの容器の中に10倍の水で薄めたお酢を作ります。

   (38〜40度くらいのぬるま湯1リットルに対して酢を50ml程度がベストです。)

 

ポイント
  • 十分に患部が沈む位の量で作成してください。 
  • 水ではなくぬるま湯が良好な理由は、体が温まって血流が良くなると皮膚が緩みやすくなり、お酢がよく染み込んで足の皮膚の奥深くに隠れた菌を効果的に殺菌できるからです。   
  • 使用するお酢は、安価な食酢で構いませんが高い殺菌効果の他に保湿性の高い黒酢を使用することがオススメとなります。
  • 基本的にお酢は酸で出来ているので、敏感肌の方は足を浸して肌に異常がないか確認しながら場合によっては水などで薄めて調整して下さい。
  • 水で薄めずにそのまま足を浸す方法もありますが、効果は高いものの刺激があるため痛みを伴う場合があります。

 

方法
  • 1日10〜15分程度用意した足湯に足を付けます。
  • 2.時間が経過したら洗い流さずにタオルで拭き取ったら完了です。

   敏感肌の方は足にお酢が残らないように洗い流して下さい。
   ここで、ニオイが気になる場合はクリームやベビーパウダーを使用してもいいでしょう。

 

 

足湯を実際に行なってみると、患部がヒリヒリとする場合がありますが
これは水虫にお酢が効いている証拠です。

 

軽い水虫の方は、皮がボロボロと剥がれ落ちて肌が正常にな
り一週間ほどで水虫が治ることがあります。

 

反対に、重度の水虫の方は時間が掛かる場合があり
効果も十分に期待できない可能性があります。

 

足湯以外にスプレータイプでは竹酢が水虫には非常に有効的ということです。
足湯する時間がない方にはかけるだけですので、こちらのほうが向いているでしょう。

水虫を自宅で簡単除去方法

水虫は薬を使わずに改善できます。

 

この方法であれば、根気はいらず、お金もほどんどかからず、
ニオイもなく、あっさりと改善することができます。

 

爪水虫さえも同じ方法で簡単に改善できます。

 

⇒ 水虫・爪水虫 自宅で改善